パティシェになるためにはお菓子学校に行くといい

subpage01

昨今、子供の将来なりたい職業として人気急上昇中なのがパティシエです。

製菓の専門学校サイトで情報を入手してみて下さい。

これは、ケーキやマフィンなどのお菓子を調理する専門的な仕事のことです。
一般的にケーキ屋、ホテルなどで勤めることができますが、自分の技術次第ではオリジナルスイーツのプロデュース、自分の菓子店を経営することもできます。

パティシエとして働くためには、専門学校で製菓技術の習得をする必要があります。専門学校に通う最大のメリットは、なんといっても即実践で役に立つ菓子作りの技術を身につけられることです。実際のパティシェが手取り足取りで教えてくれるので、必要な技術、知識をすぐに習得できます。

また、お店で使用する専門の調理器具などにも触れられるので、将来、とても役立ちます。

その他のメリットは、お菓子作りの本場であるフランス語の教育課程が含まれている事です。

製菓専門学校の多くは、フランス語の専門用語をそのまま修得することを重視しています。
なので、卒業後、本格的にお菓子作りを学ぶ為にフランスに留学した場合、習得したフランス語を現場ですぐに生かすことが可能です。その逆に、いきなり海外に留学すると、語学の面で少し苦労をしてしまうかもしれません。そして、最後のメリットは、就職口をスムーズに見つけやすいことです。ほとんどの学校では、レストランやホテルなどと提携しているため、就職先を探す時にかなり有利です。毎年数人の定員を設けて採用しているケースもあるので、かなりのメリットがあります。



このように様々なメリットがあることから、パティシェになるなら専門学校に通ったほうが良いです。